Win2012R2で時刻同期(ntp)をコマンドで設定してみました

Win2012R2でntp設定と同期間隔の設定を行いました。

A.環境
OS:Windows2012R2 Datacenter Edition

B.手順

1.「Windows Time」サービスを自動起動(遅延開始)に設定し、開始する。

2.時刻同期の確認

w32tm /query /status

閏インジケーター: 3 (最後の 1 分間は 61 秒)
階層: 0 (未指定)
精度: -6 (ティックごとに 15.625ms)
ルート遅延: 0.0000000s
ルート分散: 0.0000000s
参照 ID: 0x00000000 (未指定)
最終正常同期時刻: 未指定
ソース: Local CMOS Clock
ポーリング間隔: 10 (1024s)

ソース: Local CMOS Clockになっているので時刻同期はされていない。

3.時刻同期設定

w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:ntp.nict.jp,0x9 /update

コマンドは正しく完了しました。

ntp参照先にntp.nict.jpが設定される。

4.時刻同期の確認

w32tm /query /status

閏インジケーター: 0 (警告なし)
階層: 2 (二次参照 - (S)NTP で同期)
精度: -6 (ティックごとに 15.625ms)
ルート遅延: 0.0312500s
ルート分散: 7.7756260s
参照 ID: 0x85F3EEF4 (ソース IP:  133.243.238.244)
最終正常同期時刻: 2021/07/17 16:25:57
ソース: ntp.nict.jp
ポーリング間隔: 10 (1024s)

ソース: ntp.nict.jp になっているので時刻同期設定された。
ポーリング間隔は1024sec(17分)になっている。

5.時刻同期間隔の確認(設定変更前)

w32tm /query /configuration


[構成]

EventLogFlags: 2 (ローカル)
AnnounceFlags: 10 (ローカル)
TimeJumpAuditOffset: 28800 (ローカル)
MinPollInterval: 10 (ローカル)
MaxPollInterval: 15 (ローカル)
MaxNegPhaseCorrection: 54000 (ローカル)
MaxPosPhaseCorrection: 54000 (ローカル)
MaxAllowedPhaseOffset: 1 (ローカル)

FrequencyCorrectRate: 4 (ローカル)
PollAdjustFactor: 5 (ローカル)
LargePhaseOffset: 50000000 (ローカル)
SpikeWatchPeriod: 900 (ローカル)
LocalClockDispersion: 10 (ローカル)
HoldPeriod: 5 (ローカル)
PhaseCorrectRate: 1 (ローカル)
UpdateInterval: 360000 (ローカル)


[タイム プロバイダー]

NtpClient (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMinutes: 15 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMaxTimes: 7 (ローカル)
CompatibilityFlags: 2147483648 (ローカル)
EventLogFlags: 1 (ローカル)
LargeSampleSkew: 3 (ローカル)
SpecialPollInterval: 604800 (ローカル)
Type: NTP (ローカル)
NtpServer: ntp.nict.jp (ローカル)

VMICTimeProvider (ローカル)
DllName: C:\Windows\System32\vmictimeprovider.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
NtpServer (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 0 (ローカル)
InputProvider: 0 (ローカル)

MinPollInterval: 10 (ローカル) 1024秒
MaxPollInterval: 15 (ローカル) 32768秒
SpecialPollInterval: 604800 7日間 になっている。

6.時刻同期間隔の変更(レジストリ値の変更)

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient

値の名前: SpecialPollInterval
既定値: 604800
変更された値: 3600

7.設定反映

w32tm /config /update

コマンドは正しく完了しました。

8.時刻同期間隔の確認(設定変更後)

w32tm /query /configuration

[構成]

EventLogFlags: 2 (ローカル)
AnnounceFlags: 10 (ローカル)
TimeJumpAuditOffset: 28800 (ローカル)
MinPollInterval: 10 (ローカル)
MaxPollInterval: 15 (ローカル)
MaxNegPhaseCorrection: 54000 (ローカル)
MaxPosPhaseCorrection: 54000 (ローカル)
MaxAllowedPhaseOffset: 1 (ローカル)

FrequencyCorrectRate: 4 (ローカル)
PollAdjustFactor: 5 (ローカル)
LargePhaseOffset: 50000000 (ローカル)
SpikeWatchPeriod: 900 (ローカル)
LocalClockDispersion: 10 (ローカル)
HoldPeriod: 5 (ローカル)
PhaseCorrectRate: 1 (ローカル)
UpdateInterval: 360000 (ローカル)


[タイム プロバイダー]

NtpClient (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
AllowNonstandardModeCombinations: 1 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMinutes: 15 (ローカル)
ResolvePeerBackoffMaxTimes: 7 (ローカル)
CompatibilityFlags: 2147483648 (ローカル)
EventLogFlags: 1 (ローカル)
LargeSampleSkew: 3 (ローカル)
SpecialPollInterval: 3600 (ローカル)
Type: NTP (ローカル)
NtpServer: ntp.nict.jp (ローカル)

VMICTimeProvider (ローカル)
DllName: C:\Windows\System32\vmictimeprovider.dll (ローカル)
Enabled: 1 (ローカル)
InputProvider: 1 (ローカル)
NtpServer (ローカル)
DllName: C:\Windows\system32\w32time.dll (ローカル)
Enabled: 0 (ローカル)
InputProvider: 0 (ローカル)

SpecialPollInterval: 3600 1時間に変更されている。

C.参考URL
コマンドでWindows ServerのNTPサーバーを設定する
https://mseeeen.msen.jp/set-ntp-server-with-command-in-windows-server/

W32Time: 同期: SpecialPollInterval はワークグループ コンピューターでは無視される可能性があります
https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/windows-server/identity/w32time-sync-specialpollinterval-ignored

NTP の構築 (Windows)
http://uso59634.blog63.fc2.com/blog-entry-10.html

D.参考(設定の初期化)
「Windows Time」サービスを削除、再登録することで設定の初期化を行うことができます。

1.Windows Timeサービス停止
net stop w32time

Windows Time サービスを停止中です.
Windows Time サービスは正常に停止されました。

2.Windows Timeサービスの削除および再登録
w32tm /unregister && w32tm /register

W32Time が正しく登録解除されました。
W32Time が正しく登録されました。

3.Windows Timeサービス開始
net start w32time

Windows Time サービスを開始します.
Windows Time サービスは正常に開始されました。
Comments are closed.