Windows10 Enterprise評価版(20H2)ではWindowsイメージバックアップが使用できない

久しぶりにWindowsイメージバックアップをテストしようとしたころ、
Windows10 Enterprise評価版(20H2)ではWindowsイメージバックアップが取得できないことがわかりました。

1.環境
Windows10 Enterprise評価版
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-10-enterprise

バックアップ先: \192.168.0.194\ImageBackup

2.イメージバックアップ

コマンドプロンプトより

wbadmin START BACKUP -backupTarget:\192.168.0.194\ImageBackup -user:takayuki -password:password -Include:C: -allCritical -vssFull

3.エラーメッセージ
エラーの詳細: エラー – ボリューム シャドウ コピー サービスの操作エラーが
発生しました: (0x8004231f)
シャドウ コピーの記憶域ファイルまたはその他のシャドウ コピー データを作成するために利用できる十分な記憶域がありません。

正常にバックアップされたファイルのログ:
C:\Windows\Logs\WindowsBackup\Backup-03-05-2021_06-02-45.log

バックアップに失敗したファイルのログ:
C:\Windows\Logs\WindowsBackup\Backup_Error-03-05-2021_06-02-45.log

ディスク領域が不足しているため、保存場所にボリュームのシャドウ コピーを作成できません。バックアップするすべてのボリュー ムについて、シャドウ コピーの作成に必要な最小限のディスク領域が利用可能であることを確認してください。これは、バックアッ プの保存先と、バックアップに含まれるボリュームの両方について行う必要があります。
最小要件: 500 MB 未満のボリュームに対して 50 MB の空き領域、500 MB を超えるボリュームに対して 320 MB の空き領域が必要で す。
推奨事項: ボリュームのサイズが 1 GB を超える場合、各ボリュームについて、少なくとも 1 GB の空きディスク領域が必要です。
エラー – ボリューム シャドウ コピー サービスの操作エラーが
発生しました: (0x8004231f)
シャドウ コピーの記憶域ファイルまたはその他のシャドウ コピー データを作成するために利用できる十分な記憶域がありません。

4.対応方法

VSSの十分な記憶域がないエラーのソリューション
https://www.ubackup.com/jp/res/vss-insufficient-storage-error.html

こちらのサイトによると、システム予約済みパーティションを含む関連するパーティションに十分な記憶域がないことによって起こされるエラーとのこと。

vssadmin delete shadows /all

を試しましたが、エントリが無いとの結果でした。
回復パーティションなどの関連パーティションを拡張するか、他のイメージバックアップソフトを使用するしかなさそうです。

5.まとめ
いつの間にかWindowsイメージバックアップがパーティション構成によっては使用できないようになっている事がわかり、驚きました。

Comments are closed.