CentOS8.3から8.2へダウングレードしてみました

CentOS8.2をyum updateしたら意図せずマイナーバージョンが上がってしまったので、
CentOS8.3から8.2へダウングレードしてみました。

(参考URL)
Redhat系Linuxで、OSパッケージを戻す方法
https://qiita.com/sasasin/items/f865848239e7b0a38e06

rhel / centosを以前のマイナーリリースにダウングレードする方法 – Centos – 2020
https://ja.compozi.com/how-downgrade-rhel-centos-previous-minor-release

CentOS7.6を7.5にダウングレード&7.5に固定
https://sheefelt.hatenablog.com/entry/2018/12/16/231346

1.手順

事前確認

カーネルバージョン確認
uname -r
4.18.0-240.1.1.el8_3.x86_64

リリースバージョン確認
cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.3.2011

RPM一覧取得
rpm -qa | sort >before_rpm.txt


リポジトリ編集

カレントディレクトリ移動
cd /etc/yum.repos.d

リポジトリ設定ファイルバックアップ
cp CentOS-Linux-AppStream.repo CentOS-Linux-AppStream.repo.org
cp CentOS-Linux-BaseOS.repo CentOS-Linux-BaseOS.repo.org
cp CentOS-Linux-Extras.repo CentOS-Linux-Extras.repo.org

リポジトリ設定ファイル編集
vi CentOS-Linux-AppStream.repo
:%s/mirrorlist=/#mirrorlist=/g
:%s/#baseurl/baseurl/g

vi CentOS-Linux-BaseOS.repo
:%s/mirrorlist=/#mirrorlist=/g
:%s/#baseurl/baseurl/g

vi CentOS-Linux-Extras.repo
:%s/mirrorlist=/#mirrorlist=/g
:%s/#baseurl/baseurl/g

リリースバージョンの固定
echo 8.2.2004 > /etc/yum/vars/releasever

キャッシュファイル削除
yum clean all


CentOS8.3からCentOS8.2へのダウングレード
(最新の利用可能なバージョンへインストール済みパッケージを同期する)
yum distribution-synchronization --allowerasing


再起動
shutdown -r now

事後確認

カーネルバージョン確認
uname -r
4.18.0-193.28.1.el8_2.x86_64

リリースバージョン確認
cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

RPM一覧取得
rpm -qa | sort >after_rpm.txt

2.結果
before_rpm.txt
after_rpm.txt
を比較すると、カーネルとパッケージがCentOS8.2の最新にマイナーバージョンダウンされていることが確認できました。

3.まとめ
CentOS8.3からCentOS8.2にマイナーバージョンダウンできることが確認できました。
戻せて良かったです。

Comments are closed.