NetApp Simulater設定してみました

ストレージ製品のNetAppを扱うことになったので、NetApp Simulaterで練習してみました。

やってみたこと

1.ONTAP9.5P6をESXiにデプロイして起動
2.second node をデプロイして起動
3.second node を Cluster にJoin(うまくいかなかった。今後の課題)
4.CIFS SVMを作成してWindowsでマウント
5.NFS SVMを作成してCentOS7でマウント
6.iSCSI SVMを作成してCentOS7でマウント

今回は4,5,6を記事にしました。

4.CIFS SVMを作成してWindowsでマウント

困った箇所:
WEB管理画面のSystemManagerでCIFS用SVMを作成しようとしたのですが、
下画像のように、AD認証しか入力項目が無く、ワークグループでの設定ができず失敗します。
ですので、コマンドで作成しました。

4-1.CIFS設定手順(コマンド版)

SVMの作成
vserver create -vserver cifs -rootvolume cifs_root -aggregate data1_cluster1_01 -rootvolume-security-style ntfs -language C.UTF-8 -ipspace Default

SVMの確認
vserver show -vserver cifs

SVMで有効なプロトコルの確認
vserver show -vserver cifs -protocols

SVMのエクスポートポリシー確認
vserver export-policy rule show -vserver cifs -policyname default -instance

SVMのエクスポートポリシールール作成
vserver export-policy rule create -vserver cifs -policyname default -ruleindex 1 -protocol cifs -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule any -rwrule any -superuser any

LIFの作成
network interface create -vserver cifs -lif cifs-lif -role data -data-protocol cifs -home-node cluster1-01 -home-port e0d -address 192.168.0.53 -netmask 255.255.255.0 -firewall-policy data -auto-revert true

LIFの確認
network interface show

DNS設定
vserver services name-service dns create -vserver cifs -domains localhost.localdomain -name-servers 192.168.0.1 -state enabled

DNS確認
vserver services name-service dns show

CIFSライセンス確認
system license show -package cifs

CIFSサービスの作成(ワークグループ)
vserver cifs create -vserver cifs -cifs-server cifs -workgroup workgroup

CIFSサービスの確認
vserver cifs show -vserver cifs

ローカルユーザの作成(パスワード入力が求められます)
vserver cifs users-and-groups local-user create -vserver cifs -user-name “cifs\user01” -full-name “User01 User”

ローカルユーザの確認
vserver cifs users-and-groups local-user show

ボリュームの作成
volume create -vserver cifs -volume cifs_data -aggregate data1_cluster1_01 -size 10g -junction-path /cifs_data

ボリュームの確認
volume show

共有の作成
vserver cifs share create -vserver cifs -share-name cifs_data -path /cifs_data

共有の確認
vserver cifs share show

4-2.WindowsからCIFSマウント

\\192.168.0.53\cifs_data
にアクセスします。
ユーザ名:cifs\user01 で認証します。

5.NFS SVMを作成してCentOS7でマウント

困った箇所:
NFSマウント時に
wrong fs type, bad option, bad superblock on
というエラーが出て失敗したので調べてみると、
nfs-utils のインストールと
rpcbind のサービス起動が必要なことがわかりました。

5-1.NFS設定手順(コマンド版)

SVMの作成
vserver create -vserver nfs -rootvolume nfs_root -aggregate data1_cluster1_01 -rootvolume-security-style unix -language C.UTF-8 -ipspace Default

SVMの確認
vserver show -vserver nfs

SVMで有効なプロトコルの確認
vserver show -vserver nfs -protocols

SVMのエクスポートポリシー確認
vserver export-policy rule show -vserver nfs -policyname default -instance

SVMのエクスポートポリシールール作成
vserver export-policy rule create -vserver nfs -policyname default -ruleindex 1 -protocol nfs -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule any -rwrule any -superuser any

NFSライセンスの確認
system license show -package nfs

NFSサービスの作成(NFS v3で使用)
vserver nfs create -vserver nfs -v3 enabled

NFSサービスの確認
vserver nfs show

LIFの作成
network interface create -vserver nfs -lif nfs-lif -role data -data-protocol nfs -home-node cluster1-01 -home-port e0d -address 192.168.0.54 -netmask 255.255.255.0 -firewall-policy data -auto-revert true

LIFの確認
network interface show

DNS設定
vserver services name-service dns create -vserver nfs -domains localhost.localdomain -name-servers 192.168.0.1 -state enabled

DNS設定確認
vserver services name-service dns show

ネームサービススイッチテーブルの設定
vserver services name-service ns-switch create -vserver nfs -database netgroup -sources files,nis

ネームサービススイッチテーブルの設定確認
vserver services name-service ns-switch show

ローカルユーザの作成
vserver services name-service unix-user create -vserver nfs -user user01 -id 123 -primary-gid 100 -full-name “User01 user”

ローカルユーザの確認
vserver services name-service unix-user show

ボリュームの作成
volume create -vserver nfs -volume nfs_data -aggregate data1_cluster1_01 -size 10g -junction-path /nfs_data

ボリュームの確認
volume show

ボリュームのポリシー確認
volume show -volume nfs_data -fields policy

エクスポート用ポリシーの作成
vserver export-policy create -vserver nfs -policyname exp1

エクスポート用ポリシーの確認
vserver export-policy show -policyname exp1

エクスポート用ポリシールールの作成
vserver export-policy rule create -vserver nfs -policyname exp1 -ruleindex 2 -protocol nfs -clientmatch 0.0.0.0/0 -rorule sys -rwrule sys -anon 123 -superuser sys

ポリシールールの確認
vserver export-policy rule show

ボリュームにエクスポート用ポリシーの割り当て
volume modify -vserver nfs -volume nfs_data -policy exp1

ボリュームのポリシー確認
volume show -volume nfs_data -fields policy

クラスタからのNFSクライアント アクセスの確認
vserver export-policy check-access -vserver nfs -client-ip 192.168.0.192 -volume nfs_data -authentication-method sys -protocol nfs3 -access-type read-write

5-2.NFSクライアント側操作手順

nfs-utilsのインストール
yum -y install nfs-utils

rpcbindの起動
systemctl start rpcbind

rpcbindの自動起動設定
systemctl enable rpcbind

cd /mnt/

mkdir /mnt/nfs01

nfs v3指定でNFSマウント
mount -t nfs -o vers=3,hard 192.168.0.54:/nfs_data /mnt/nfs01

6.iSCSI SVMを作成してCentOS7でマウント

困った箇所:
WEB管理画面のSystemManagerで設定してみたのですが、
iSCSIイニシエータの登録がコマンドで必要でした。

6-1.iSCSI設定手順(ターゲット:Netapp側)

SVMの詳細設定

iSCSIプロトコルの設定

SVM管理者の設定

追加コマンド
イニシエータにCentOS7のiqnを登録
lun igroup add -vserver iSCSI -igroup iSCSI -initiator iqn.1992-08.com.centos7:centos7.com

6-2.iSCSIマウント手順(イニシエータ:CentOS7側)

iscsi-initiator-utilsのインストール
yum -y install iscsi-initiator-utils

/etc/iscsi/initiatorname.iscsiの設定
vi /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
iSCSIターゲットサーバーの ACL で設定した IQN に変更
InitiatorName=iqn.1992-08.com.centos7:centos7.com

/etc/iscsi/iscsid.confの設定
vi /etc/iscsi/iscsid.conf

57行目:コメント解除
node.session.auth.authmethod = CHAP

61,62行目:コメント解除してiSCSIターゲットで設定したユーザー名とパスワードを設定
node.session.auth.username = username
node.session.auth.password = password

ターゲットを discovery する
iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p 192.168.0.55

discovery した後の状態確認
iscsiadm -m node -o show

discovery したターゲットにログインする
iscsiadm -m node –login

Logging in to iface: default, target: iqn.1992-08.com.netapp:sn.2a541519d78811e9a158000c2995fe70:vs.6, portal: 192.168.0.55,3260
Login to [iface: default, target: iqn.1992-08.com.netapp:sn.2a541519d78811e9a158000c2995fe70:vs.6, portal: 192.168.0.55,3260] successful.

確立しているセッションを確認
iscsiadm -m session -o show

パーティションを確認してみる
cat /proc/partitions

私の場合は/dev/sdbが増えていました。
この後、xfsフォーマットをします。

ラベル作成
parted –script /dev/sdb “mklabel msdos”

パーティション作成
parted –script /dev/sdb “mkpart primary 0% 100%”

XFS でフォーマット
mkfs.xfs -i size=1024 -s size=4096 /dev/sdb1

cd/mnt

mkdir /mnt/iscsi

マウント
mount /dev/sdb1 /mnt/iscsi

Comments are closed.