手軽にAWSのCloudFrontのログを解析する方法

S3バケットに保存されたgzで圧縮された大量のCloudFrontのログファイルを
お手軽にローカルWindowsPCでアクセスログ解析する方法を紹介します。

大まかな手順としては、
1.S3からWindowsPCにAWSのCLIを使って一括ダウンロード
2.フリーソフトのWebLog Expert Lite を使用してレポートの作成
(WebLog Expert Liteはver8.3以上でCloudFrontのログに対応しています!)
という2ステップになります。

必要な前準備としては
1.IAMでアカウントを作成。ロールの付与。
2.WindowsPCにAWSのCLIをインストール
3.CLIの aws configure コマンドでS3バケットにアクセスできるように設定
4.WindowsPCにWebLog Expert Lite のインストール
が必要です。

手順
1.Windowsのコマンドプロンプトより下記を実行する。
aws s3 sync –region ap-northeast-1 s3://<バケット名>/ <ログを落としたいローカルPCのパス>
上のコマンドでは、東京リージョンのs3のバケット内の全ファイルがローカルPCの指定DIRに同期(ダウンロード)されます。

2.WebLog Exper Lite でLogFileを*.*.*.gzと指定してAnalyzeをする。
(ウィザードでは*.*.*.gzは指定できませんが、一旦ファイルを選択した後に設定編集で書き換える事ができます)

ググるとAWstatsでログフォーマットをカスタマイズする方法がよくHitしましたが、
この方法だと面倒な事無しに実現できるので良いと思います。

Comments are closed.